FXリスク管理の鍵となる損切りについて

shfoiuFXを行う際、大きな利益を上げることよりもまず求められるのは、大きな損失を抱えないようにすることです。これはとても難しいことであり極めて重要な事柄ですが、大きな損失を出さないFX 戦略を立てる為には、まずリスク管理を徹底することです。今回はそのリスク管理の鍵を握る「損切り」について、ご説明したいと思います。

FX取引においては相場の変動によって損失が発生する際、ロスカットというシステムによって決済が強制的に行われるラインがあります。このラインは各業者ごとに設定されていますが、いわば証拠金を全額失うことのないように、そこまでの損失に達しないようにと決められているものです。

しかしやはりロスカットのラインまで到達すると損失はかなりの大きさになってしまいます。そこで損失を少なくするのに最も効果的なのは、損失発生時にどのラインで決済に持ち込むか、自分で見極めて決めるということです。

この決断を損切り、あるいはストップロスと呼びます。これはつまり、自分の予想が当らなかったことや損失が発生したことを自ら認めて申告することですが、初心者にとってはなかなか難しいことのようです。

というのも、自分の予想とは反対に動く相場を見ても「いつかまた戻るかも」と楽観的な見方をしてしまい、損切りに踏み出せないことが往々にしてあるからです。期待通りに相場が戻ればいいようなものの、そうならずにいつまでも放置してしまえば、損失はどんどん増える一方です。ですから、自分なりに損切りを行うラインを決めることが重要ですし、毎回そのラインを超える損失を出さないように徹底管理しなくてはなりません。

しかしながら、四六時中相場に張り付いているわけにもいかないという方も多いかもしれません。そんな方には前もって条件付きで複数の注文をオーダーできる「IFD注文」「OCO注文」といった注文方法がありますので、活用してみてはいかがでしょうか?

どんなに継続的に利益を積み重ねていても、たった一度のミスで甚大な損失を発生させれば全てが水の泡となることも有り得るのがFXの世界です。だからこそ損切りについては独自のラインを設け、できるだけ低リスクな取引を目指していきましょう。iGaitameという業者は、各ユーザーのリスク管理に力を注いでいる業者です。気になる方は是非サポートに問い合わせをしてみて下さい。丁寧に対応してくれると思います。