FXの利益でも確定申告が必要

3shfoiuere近年は会社員でも個人でも、副業やアルバイト感覚でFX取引を行い、利益を出している人がいます。FXで利益を出すととても嬉しいものですが、年間の利益が一定額以上になると、翌年、確定申告が必要なことを忘れてはいけません。FXの取引で得た利益は金額に応じて申告をし、所得税を納めたり、住民税を払ったりしなければならないのです。FX、バイナリーオプションとは、勝った場合、税金を納める義務が生じる取引だということを常に頭に入れておきましょう。

これを忘れると、金額的に問題があると税務署側が判断したとき、申告漏れや所得調査のお知らせが来たり、税務調査がある日突然入ったりすることもあります。これぐらいの利益なら大丈夫だろうとたかをくくることは止めたほうが懸命です。国税庁は実際、ネット取引での申告漏れを厳しくチェックしており、毎年、申告漏れをしている人のところへ実地調査に入っているのです。FXで得た利益は雑所得として申告する必要があります。

たとえFXの利益だけで生活していたとしても、それが安定的なものか、世間一般に見て不安定な所得だと判断された場合には、雑所得となるので注意が必要です。雑所得での申告は税率は一律で20%となっています。申告分離課税となるので、これまでのように店頭取引と取引所取引で税率が違うといったことはないのでそこは安心です。また、確定申告時にはFXで得た利益から必要経費を差し引き、そこで残った金額に対して課税されることになります。

参考: 平均足.net

また、基礎控除や社会保険料なども控除として差し引くことが出来ますので、その結果、残額が残らなければ申告は必要ありません。ただし、FXの場合は3年間にわたって損益を繰り越すことができ、それを控除分として差し引くことが可能です。要するに過去3年分の損益を税務署側で把握しておく必要があるため、損益を繰り越して控除したいという方はきちんと申告を済ませておきましょう。

経費として考えられるのは、たとえばFXでの場合、パソコン画面にずっと張り付いている必要もあるでしょう。その場合にかかった時間と電気料金、パソコンを新調したならば、10万円以下なら白色申告の場合、すべて消耗品費として計上することができますが、あくまで私用には使っていないという前提が必要です。寒冷地ならば暖房費なども経費になりますし、FXでの勉強会やセミナーなどに参加した場合、その費用や交通費も経費になります。

FXでの勉強をするために買った本や文房具費なども経費です。さらに「含み損益」についてもよく勉強しておきましょう。FXでの業者によっては、スワップポイントを確定させている業者とそうでない業者がいます。毎日確定を行う業者を利用している場合には、年間を通しての含み損益は課税対象になるかもしれません。この辺のことは利用している業者に問い合わせてみましょう。24オプションのサポートは税金について問い合わせた所、少々時間がかかりましたが、非常に詳しく説明してくれました。安心して取引できる業者だな、と思いました。逆に、年間損益が大きくなったとしても先に述べたように、確定申告をしておいて損はありません。