順張りでバイナリーオプションを攻略する

 バイナリーオプションは主に通貨を銘柄にしているために、この価格の変動は外国為替市場の為替相場のレートによってもたらされます。
こうした相場のレート変動を利用した投資取引では、そのレートの動きである「トレンド」に沿って投資を行う手法を「順張り」といい、その逆にトレンドに逆らって投資を行う事を「逆張り」と言います。

例えば下降トレンドにおいて、その通貨の価格は一定時間後に定められている価格よりも下になっていると予測を立てて投資をすることは、順張りになります。
逆張りの場合は、同じ下降トレンドで、その通貨の価格は一定時間後に定められている価格よりも上になっていると予測し投資することになります。

つまり、順張りをする場合は、そのトレンドがそのまま変わらないと考え、逆張りの場合は、そのトレンドがまもなく反転するとかんがえるのです。。

このようなことから、順張りを行うためには「トレンドが反転せずにそのままの方向に進んでいく」という根拠が必要になります。
もちろん、根拠がなくても投資は行えますが、予測のない取引きは直感頼りになるためその勝率を下げてしまいます。
バイナリーオプションは投資した資金から手数料などを引かれているために、例え50%の勝率であったとしても、投資を続けていくと試算を少しずつ失っていきます。
ですので、予測を立てる場合は少しでもその勝率が上がるように、しっかりとした根拠を伴った予測が必要なのです。

為替相場のレート変動の直接的な動きを予測するためには「テクニカル分析」という手法を用いる必要があります。
テクニカル分析には、用途や目的ごとに様々な種類があり、こうした順張りの手法には「MACD(マックディ)」と呼ばれるテクニカル分析を使うのが良いと言われています。
MACDの特徴は、相場のトレンドの起り始めを察知することができる事にあり、その変動の初期を捕えることができれば、長く安定したトレンドの動きを予測することが可能になるのです。

このようなテクニカル分析は、いろいろなものを複合的に使うことで予測精度が上がりますので、まずは自分の得意とするテクニカル分析を一つか二つほど覚えて、そこから徐々に数を増やしていけば、バイナリーオプションの勝率を上げることができるでしょう。